TOPへ > 盗聴に関する専門知識 > 車の中に仕掛けられた盗聴器を発見する

車に仕掛けられる盗聴器

車に盗聴器

盗聴器は様々な場所に仕掛けられます。自宅やオフィスだけでなく、ホテルやレジャー施設などにも仕掛けられることがあります。
そして、車にも盗聴器が取り付けられることがあります。
車はプライベート空間の一つでもあるため、盗聴の標的として恰好のポイントなのです。

車に仕掛けられる盗聴器は、自宅やオフィスに仕掛けられやすい盗聴器とは少し違います。


車に取り付けられる盗聴器には、主に2つのタイプが挙げられます。
それは録音タイプと、デジタル転送タイプの盗聴器です。

・録音タイプ
ボイスレコーダーなどのように音声を録音するタイプです。
電波を発信するものではないため、録音した内容をリアルタイムで聴くことはできません。
録音した音声を聴くために、取り付けた者が回収する必要があります。
ICレコーダーや、偽装型ボイスレコーダーなどが多いです。

・デジタル転送タイプ
デジタル電波を使った盗聴器です。
原理としては携帯電話などと同じで、盗聴した音声はデジタル電波で外部に飛ばされます。
盗聴した音声をリアルタイムで聴くことができます。
携帯電話やスマートフォンを改造したものが多く見られます。

録音タイプもデジタル転送タイプも、車だけではなく、自宅やオフィスに仕掛けられるケースもあります。
しかし、車に仕掛けられるケースがとくに多いです。
それは、「自宅やオフィス」と「車」とでは、盗聴環境に大きな違いがあるためです。

車の中というのは小さな空間ですから、盗聴器を仕掛ける場所はごく限られます。
また、普段車内にはない物が置いてあればすぐに気づかれてしまうため、自宅などに仕掛けるようなアナログ電波式の盗聴器は不向きです。

加えて、アナログ電波式の盗聴器は、盗聴器から発せられる電波を受信できる有効範囲が狭いため、移動する車に使用するのには適していないないのです。

そのため、車に取り付けられる盗聴器は、電波とは関係ない録音タイプや、広範囲で電波を受信できるデジタル転送タイプが主流になっています。

ところで、車の中だとエンジン音や走行音などが邪魔して、盗聴してもたいして聞き取れないのでは? と思う方もいるかもしれませんね。
ですが最近では、非常に集音性の高い機種もあり、たとえ車の中でも会話を鮮明に聞くことができるようです。

こうした高性能な盗聴器が使用されるケースが増えており、車内といえどプライバシーが守れるとは言い切れません。

車内に盗聴器を仕掛けるのは難しいですが、たとえば車のカギを持っているか、車に乗り降りすることができる人間であれば盗聴器を仕掛けることは容易です。

万が一に備えて、車内で盗聴器が仕掛けられやすい場所を知っておく必要があります。

車内で盗聴器が仕掛けられる場所

盗聴器を車に設置される

・車内のライト部分
・ダッシュボード周辺
・座席の下
・座席と座席の隙間
・ドアポケットの中
・ぬいぐるみなど、車内の置物の中

 …etc…

車内には、盗聴器を仕掛けることができる隙間や空間がいくつかあります。
まずは、車の中にどういった隙間があるか、改めて把握しておきましょう。

その上で、車内に仕掛けることができる盗聴器の大きさや、自分の車の中に紛れ込んでいても気づかなそうな物は何かを、考えてみてください。

あとは実際に車の中を調べて、盗聴器の有無を確認してみるのが良いでしょう。
ご自身で車内の盗聴器を調べる際は、念入りに目視でチェックするのが最も簡単で適切な調べ方です。
録音式やデジタル式の盗聴器は、市販の盗聴器発見器では見つけられません。

また、盗聴器だけでなく、車にGPS発信機を取り付けられる事案も多く発生しています。
ストーカーがターゲットの行動を知るため、盗聴器やGPSを仕掛ける場合もあります。

当社では、このような車に取り付けられた盗聴器やGPS発振器を発見する調査も取り扱っています。
詳しくは当社の料金表をご確認いただくか、メールやお電話にてお問い合わせください。

盗聴器発見調査の料金について



盗聴器に関するよくある質問


他の盗聴に関する専門知識

東京都小金井市東町5-28-24 カサグランデエラン1F
大阪府大阪市北区西天満 3−4−8フジタビル3F
copyright(c) -- All Rights Reserved -- By 盗聴器の発見PRO