トップへ > 盗聴器に関するQ&A > 盗聴器はホテルの客室のどこに仕掛けられますか?
Q:

盗聴器はホテルの客室のどこに仕掛けられますか?

A:ホテルの客室に盗聴器が仕掛けられている場合、宿泊利用客にはめったに気づかれない場所に仕掛けられます。 ホテルの場合は、仕掛けられている定番の場所がありますので詳しく紹介します。

ホテルといえば、旅先での癒しの空間です。しかし、ホテルは盗聴器がとても仕掛けられやすい場所である、という物騒な面もあります。 実はホテルの客室内は、素人でも盗聴器やカメラを簡単に仕掛けることができるスポットなのです。

室内に入ってしまえば監視カメラもありませんし、咎められることもなく盗聴器を仕掛ける時間があります。
また、盗聴器本体に電源を供給できる仕掛け場所もたくさんあるため、頻繁にメンテナンスに訪れる必要もありません。

最近はビジネスホテルでテレワークのニーズに応えた休憩利用のプランも増えていますが、そこで業務上の機密情報を盗聴されてしまう危険性を考えると、非常に頭が痛い状況です。

そのなかでも特に、ラブホテルやレジャーホテルは利用の際に注意しておかなくてはいけません。
一般的なホテルよりも出入りが簡単なため、ラブホテル内は盗聴器が仕掛けられやすいとも言えます。

そして、ラブホテルは性行為を主目的とした場所ですので、無差別に行為中の声を聞きたいという目的の盗聴マニアは多いのです。

盗聴器を仕掛ける犯人は、このように特定の人物を狙ったストーカーばかりではなく、企業スパイや盗聴マニアが犯人である可能性もある、ということを覚えておかなければなりません。

では、ホテルの客室内のどこに盗聴器が仕掛けられている可能性があるのでしょうか?

ホテルに仕掛けられる盗聴器の場所

ホテルに仕掛けられる盗聴器の場所

  • 棚やベッドの隙間
  • 椅子の中
  • コンセント付近やコンセント内部
  • 天井、スタンド等の照明器具
  • 照明スイッチの中
  • テレビの裏側
  • ベッド付近の電気操作パネルの中
  • 備え付けの冷蔵庫周辺
  • 自動販売機の周り
  • 備え付けのスピーカー内部
etc...

盗聴器は基本的には、一目で盗聴器だということがバレないように、見えない場所や通常では気にしない場所に仕掛けられます。
上記の場所は定番の場所と言えるでしょう。


宿泊するホテルのベッドの下やテレビの裏側なんて、普段はめったに気にしませんよね。

こうした盗聴器が仕掛けられている場所を知っていれば、ほとんどは目視で探すことが可能です。気になるときはぜひ確認してみましょう。

日用品に偽装された盗聴器にも注意

逆に目につく場所に盗聴器が仕掛けられていることもあります。
日用品に偽装された盗聴器は、非日常空間であるホテルの客室内では見破るのが非常に難しいでしょう。

コンセントタップに偽装されている盗聴器は有名ですが、これはテレビや棚、ベッドの裏側など隠れたコンセントにタップを差し込むだけで、簡単に盗聴が行えます。コンセントタップがホテルにあったからと言っても、すぐに不審だとも思わないはずです。

ペンや電卓、リモコンなど、客室内にあっておかしくないもので、かつ見慣れない形状のものがあってもすぐに疑う、ということはないでしょう。

なお、非常に精巧な電球型の盗聴器やカメラもあることをご存知ですか?

ホテルの室内に使用されている電球を、この電球型盗聴器と交換するだけですので、素人でもとても簡単に設置が出来ます。
風呂やトイレ、ベッドの上部の電球が盗撮器にすりかえられている場合もあるので注意しましょう。

盗聴器は電気が通っている場所で、内部に少しのスペースがあれば基本的にどこでも仕掛ける事ができます。


コンセントカバーを開けて内部に仕掛けるタイプの盗聴器も、多少知識のある人間であれば仕掛けることは難しくありません。 大規模な工事が必要なわけでもありませんし、ホテルに宿泊しているのならゆっくり仕掛けることができます。

ベッドのそばにある操作パネル付近は行為中の音声を拾うには最適な場所なので、ここにも仕掛けられていないか注意しなければいけません。
ネジの緩みがないかなど、コントロールパネルに怪しい所がないかはよくチェックしましょう。

勝手に開けたりするのは、感電の危険性や器物破損の恐れもあるので、目視チェック以上のことは残念ながら難しいでしょう。

色々なタイプの盗聴器に注意!

盗聴器は音声を電波で飛ばします。

犯人からすると、その電波のクオリティを落とさず受信したいと考えるでしょう。
そこで、盗聴器を仕掛けるときには比較的高い階にある部屋を選びます。電波を遮るものがすくなくなるからです。
つまり、高所のホテルの部屋には特に盗聴リスクがある、ということです。

ただし、盗聴器は音声を電波として発信するタイプがほとんどですが、盗聴器には電波を発信しない録音タイプや、手動で電源のオンオフができるリモコン式盗聴器というものがあります。

録音式の盗聴器

電波として発信せず、機械自体に音声を録音しておくタイプでも、盗聴器と呼ぶことがあります。

実はこのタイプは、家電量販店でも販売されているボイスレコーダーを利用したり、スマートフォンに録音アプリを作動させて仕掛けるという工夫をして、回収して録音した音声を聞き、盗聴器として機能するのです。

必ず回収しなければいけませんが、ボイスレコーダーやスマートフォンは電気が通っていない場所でも仕掛ける事が出来るのが最大のメリットです。

音声に反応して自動で録音のオンオフをしてくれるレコーダーやアプリもあるので、この機能を使えば音声の確認作業もストレスなくおこなえてしまいます。

待機時間100日以上、録音時間100時間以上、小型化もされていたり、ペンなどの文房具に偽装されている優れものの機器もあるので、悪用されると厄介です。
一度仕掛けられてしまうと回収しにくるまでに複数人の音声を録音することができますので、ラブホテルやレジャーホテルといった、宿泊回転数のあるホテルに仕掛けられていた場合は、かなりの数の被害が想像できます。

リモコン式盗聴器

リモコン式盗聴器は、任意で電源のON/OFFを切り替えることが出来る盗聴器です。

リモコン式盗聴器の電源がONの状態では、電波を発信していますが、電源がOFFの状態では、電波を発信しません。
つまり、常に電波を発信しているわけではないため発見が難しくなっています。

ラブホテルでリモコン式盗聴器が仕掛けられている場合、出入り口付近でカップルの姿を犯人が確認していることがあります。
ラブホテルの周辺は、近隣住民に配慮するために周囲に土地の余裕もあることも多く、車内等に待機しやすいのです。
犯人はリモコン式盗聴器の電池を効率よく抑えつつ、性行為中の声が誰なのか、ということも確認できることができるので、非常に有用な方法だと言えます。

では、ホテル付近で受信機を持って盗聴していた不審人物がいたら問い詰めれば良いのか、というとそうではありません。
じつは盗聴波を傍受するだけでは犯罪とはならないからです。

また、その受信機を持った人物が、ビジネスホテルやラブホテル・レジャーホテルに盗聴器を仕掛けた犯人だと証明するのは非常に難しいでしょう。
ホテルの客室に盗聴器を仕掛けられてしまったら、真犯人を特定するのが非常に難しいのです。


ホテルを利用する際に客側ができること

ホテルを利用する際には、今回お話しした盗聴器が仕掛けられやすい場所を目視でチェックすることをオススメします。

客室内をくまなく目で見て、触ってチェックをして、おかしなところがないか確認しましょう。
もし、怪しい機材があれば、そっと退室してフロントに理由を話し、部屋を変えれないか尋ねてみましょう。

ホテルを利用する際には、盗聴面でも安全なホテルを探して宿泊するのも良いでしょう。
ホテルのホームページなどに記載があることもありますので、目を通してみてください。

盗聴器に色んなタイプがあるので、「この高さ、この位置のホテルの部屋が危ない」と盗聴器が仕掛けられているかもしれない部屋を特定することはできません。すべての部屋に可能性がある、ということを警戒しましょう。

またホテルとは違い、民泊といった簡易宿泊所では、他人の出入りが頻繁ということもあり、盗聴だけではなく危険なことに巻き込まれることもあります。

ホテル側は盗聴対策しているの?

ホテル側としては、盗聴器を見つけて撤去するという作業が盗聴犯とのいたちごっこになる場合が多く、かつては経費がかさみ泣き寝入りしてしまう経営者も少なくなかったようです。

ですが、放置してしまうと、ラブホテル側が主導で盗聴器を仕掛けている、などといったデマを流されてしまうこともあり、経営面で大打撃を受けかねない事態になっています。


そのため、現代はそういったセキュリティ面の強化費用を惜しむ経営者は少なくなり、必要経費だとポジティブに受け取られて来ています。
定期的に盗聴器調査を行っているホテルは多くなってきています。企業様からの依頼も、盗聴器の発見PROでは多く受けております。


ホテル側が「盗聴対策をしています」「盗聴・盗撮をさせない安全なホテルです」という声明を出すことは、利用客にとっては非常に安心感があるでしょう。

女性の一人旅や、テレワーク利用なども増え、ホテルの利用状況が変わってきている今だからこそ、宿泊客のプライバシーを守る行動をとっていることをアピールすることで、ブランドイメージを守ることにつながると考えるのは、どこのホテルも同じです。


盗聴器発見に関する質問

Q:盗聴器の種類はどんなものがありますか?

Q:イヤホン型やペン型の盗聴器以外の偽装型の盗聴器を教えてください。

Q:盗聴器は会議室のどんな場所に設置されますか?

Q:企業に盗聴器が仕掛けられた場合、どんな目的で犯人像は?

Q:ぬいぐるみに盗聴器!どんなプレゼントに盗聴器が仕掛けられますか?

Q:盗聴器が仕掛けられたコンセントの見分け方はありますか?


Q:盗聴器を見つけるのに、一番効果の高い盗聴器発見器はどれですか?


東京都小金井市東町5-28-24 カサグランデエラン1F
大阪府大阪市北区西天満 3−4−8フジタビル3F
copyright(c) -- All Rights Reserved -- By 盗聴器の発見PRO